代表ブログ

こんにちは。株式会社MORLD(モールド)代表の大谷真央です。

通勤時間をなくすとは、出社しなくて良い状況を作るということです。

出社しなくて良い状況とは、会社から自由な時間を与えてもらう訳ではありません。
社員ひとりひとりが『目標数値に対してコミットする』ことが前提です。

まず整える必要があるのは、社員の意識です。
出社しない=会社の業績が上がるわけではありません。
目標数値が実現できていれば
働く時間と場所は関係ないのです。

当たり前ですが、会社が存続していくためには、売上が必要です。
ではどれだけの売上があれば、今月必要となる費用がまかなえるのか。
具体的な数値を答えることができますか?社員全員が答えられますか?

そうです。
会社側が社員に対して情報を開示し、社員が会社を『ジブンゴト』にすること。
ここが肝なのです。

会社を『ジブンゴト』に考えることができる社員は強いです。
まずは社員の意識を整え、同じゴールを目指せる組織を作りましょう。